ルテインとゼアキサンチンはどんな働きをする?

ルテインとゼアキサンチンの働き

ルテインは、優れた抗酸化作用によって、目の老化やブルーライトや紫外線などによる眼球内の細胞へ有害な光によってダメージを受けないよう守ってくれます。

細胞内に紫外線が入ると、活性酸素を発生させることで打ち消す働きがあるそうです。この時に発生した活性酵素の一部が黄斑や水晶体にダメージとならないよう保護するカロテノイドがルテイン、および、ゼアキサンチンです。

黄斑の中心に位置している中心窩には、常に光が集中しているため強固にガードする必要があります。

黄斑全体は、ルテインが含まれ、中心窩には、より高い抗酸化作用を持つゼアキサンチンが多く含まれていることがわかっています。

ルテインは、ゼアキサンチンとともに、紫外線の有害な部分である短波長という光線を吸収して、網膜の組織を保護しているのです。

カロテノイドは植物に多い色素成分

ルテインは、600種類以上あるカロテノイドの一つです。

カロテノイドには、カロテン類とキサントフィル類に分けられます。

ルテインはキサントフィル類に分類されるのですが、目を酷使する現代社会において、ルテインは目を守る重要な成分として注目されています。

あらゆる病気の予防効果が認められるフィトケミカルの一種で、強い抗酸化作用を持っているのが特徴です。

ルテインは眼球の水晶体と黄斑部に存在しているため、老化によって起こる老眼はルテインの不足が原因のひとつであると考えられています。

ルテインが豊富な食品類

ルテインは、野菜や果物に含まれている色素であるカロテノイドの一種で、ほうれん草などの野菜や果物に含まれます。

ほうれん草の他に、ケールやブロッコリーなどに多く含まれています。果物の場合、グレープフルーツや梨、鶏卵などに含まれます。

ルテインは網膜の中の黄斑部に存在する物質で、目の機能維持に効果があるとされています。

MENU