小刻みなジャンプが飛蚊症に効く?

内蔵に運動で刺激を与える事が良いのだとか

飛蚊症の原因や改善方法について調べていたところ、内臓の酸素不足が関係してあるという情報がありました。

内蔵の中でも、特に肝臓の働きが衰える事で血管が集中している目にも影響が出やすいというものです。

小刻みなジャンプが最適な理由とは

対策についても書かれていました。

内臓の酸欠を改善する方法として推奨されていたのは、縄跳びの要領で小刻みにジャンプすることでした。

目標として、1日500回を目指すのが良いそうです。

小刻みなジャンプのメリットとして、内臓を外側から刺激することで血液循環を良くし、酸素不足の改善に良いという内容でした。

効果は定かではありませんが、小刻みなジャンプなら部屋の中でもできます。日頃の運動不足の解消を兼ねて行えるので、やってみるのも良いかもしれません。

実際にやってみると最初は体がすごく重く感じると思います。

また、最初から500回のように数を増やしてしまうと、足腰に大きな負担をかけてしまうことも有るので注意しましょう。

飛蚊症とは

飛蚊症を簡単に説明すると、目の前を行ったり来たいする黒い点や線のようなものが見える症状の事で、目(視点)の動きに伴い黒い物体が動いて、視点に付いてくるという視力に関わる症状です。

飛蚊症という名前から、目の前を蚊が飛んでいるようなイメージがあるかもしれません。実際には、線のようなもの、丸い形状、黒いホコリのように見えるなど人それぞれです。

飛蚊症の原因は、硝子体という目の中を覆う透明のゼリー状の組織の中に、酸化した細胞組織の残りが消えずに残っている状態です。目の中に入ってきた光を不純物が遮り影を作り、網膜に黒い点や線として見えるわけです。

不純物の正体は、硝子体を構成するコラーゲン組織が酸化して透明度を失ったものと言われています。

ルテインで飛蚊症は改善する?

目の健康とも関わりの深いルテインは、飛蚊症改善に有効なのでしょうか?

飛蚊症への有効性については、意見が半々に分かれます。

効果を実感している人も居れば、全く効果を感じていないという場合もあります。

ルテインを試してみることは、結果的に目の健康を守るので悪いことではありません。しかし、飛蚊症を治す事だけの為にルテインを試してみても、言うほど変化を感じなかったという結果になる可能性もあると言えます。

飛蚊症が改善するということは、硝子体の中を漂うコラーゲン繊維が代謝によって、吸収、排出されなくてはなりません。

白内障も同じように、水晶体の組織が老化によって酸化し白く濁る症状です。活性酸素の害を防いで酸化を予防することは可能でも、一度発症してからルテインに頼っても現状維持程度と考えるべきではないでしょうか。

MENU