ルテインの摂取量は6mgで十分?

一日6mgというのはあくまでも目安量に過ぎない

ルテインの摂取は、サプリメントで行う方法が大半となりますが、この場合、一日当たりどの位の量を摂取すれば良いのかという疑問が浮かぶと思います。

栄養関連の参考書を踏まえると、1日あたり6mg~12mg程度が目安という事になっていますが、黄斑変性症などが疑われる場合は、20mg程度と多めに摂取する事もあると書かれているものも有ります。

なので、少ない量で十分というなら、敢えて配合量が抑えられているものを用いるのも一つの方法かもしれません。ただし、それらのサプリメントを選ぶ上で、誤解を招く表現には注意して下さい。

配合量の少ないサプリメントの中には、”ルテインの摂取量は6mgなのでそれ以上入っていません”というように、6mgという摂取量がまるで正解のように書かれているものがありますが、これは、あくまでも目安に過ぎません。

ルテインは過剰症を引き起こす事も無く、そのほかの医薬品の吸収や効能を阻害するという事も無い成分として知られています。

加えて、目の健康が不安になる年齢なら身体の消化や吸収の働きも落ちていると考えられますので、どれだけ飲めば良いのかと考えるのではなく、どの位吸収されるかと考える事も必要ではないでしょうか。

では、なぜ少ない量を推奨するメーカーが有るのか?

それは、ルテインのサプリメントとしての質を提供するのではなく、沢山販売する事が第一の目的となっているからと考えられます。出来るだけ少ない配合量で済ませられれば、メーカーとしてコストを抑える事が出来ます。

その中で、目安量が6mgという情報が浸透していれば、少ない量を肯定する事が出来るのでメーカーにとっても好都合です。

それに、売りさばくことを第一に考えているメーカーのサプリメントを続けて得られる満足がどれほどなのかと考えると、自分に適したサプリメントが何なのか、理解いただけるのではないでしょうか。

メーカーが利益を追い求めるのは当然の事ですが、私たち利用者には、そうした事情は関係の無い事です。

それらも含めて、どこのルテインサプリメントが良いのか。
既に継続しているサプリメントがある場合も含め、新しいバージョンが改悪とならないで信頼できるものは、どこのメーカーにあるのかを考えてみると、納得できるものも見つけられると思います。