白内障後の網膜保護にも大切

白内障の治療後の網膜を保護する為にもルテインが大切

白内障というのは、眼球の水晶体が濁ってしまう症状のことです。
水晶体はカメラでいうところのレンズの働きがあり、目の中に入ってきた光を水晶体自体が変形して調整することで、丁度良い距離で網膜に光を届ける事ができます。

このようなピント調整を行う部分が水晶体です。
水晶体は、自らが変形して光を調節するという性質からも解るように、弾力性に富んでいる組織で、タンパク質、水、ミネラルで構成されています。

白内障を発症するのは、この水晶体内のタンパク質が存在するからなのですが、タンパク質分子が何らかの原因で大きくなってしまうと、水の中に溶ける性質を失ってしまい白濁してしまうのです。

これにより、白内障の原因である濁りが引き起こされるということになります。

また、タンパク質そのものはアミノ酸によって構成されているので、そのアミノ酸が光によって分解されてしまうと、黄褐色に着色してしまいます。これも濁りの原因となります。

こうして白内障が進行してしまうと、場合によっては、手術で濁った組織を取り除かなければなりません。

一度濁ってしまうと、再びクリアな状態には戻せないと言われています。

手術をすれば白内障自体は良くなりますが、この時、切除した水晶体の部分に人工レンズを当てはめるという方法が用いられます。
これをしてしまうと、水晶体のもう一つの働きが失われてしまうので、網膜にダメージが蓄積されやすくなってしまうのです。

水晶体には、目の中に入ってきた紫外線を吸収するという働きがあります。
実は、網膜に紫外線が届くのはごく一部だけで、ほとんどは、水晶体が吸収することで眼球内に有害な光が入るのを防いでくれていました。

ですが、白内障治療で人工レンズに切り換えると、紫外線を吸収する働きが失われてしまうので、これにより、網膜に紫外線などの有害光線が届きやすくなってしまいます。

今の白内障の治療で用いられる人工レンズは、 UVカット機能が標準で付けられているものがほとんどだと言われていますが、それでも、眼球内に入る紫外線の量は手術前より増えてしまいます。

また、紫外線はカット出来るがそれよりも波長の長い光はカットすることができないので、いずれにしても、手術前より網膜にダメージが蓄積されやすい状況になるということに変わりはありません。

こうした白内障手術後の網膜にダメージが蓄積されやすくなるというリスクを避ける為にも、網膜を直接保護してくれるルテインを意識的に摂取することで、ダメージを防いだり症状を改善したりなど、網膜を保護するできる可能性が高くなるのです。

また、人工レンズは単焦点のものしか保険適用されていません。
つまり、ピントを一つの距離でしか合わせることが出来ないので、生活での不便が付きまといます。

このような白内障のリスクを防ぐ為にも、ルテインの摂取を心がけていただきたいものです。