フローラグロー製法とは

体内に存在するルテインと同一のものにできる「フローラグロー製法」

フローラグロー製法は、マリーゴールドという植物の花びら(天然素材)から抽出、精製し、ルテインを結晶化する技術の事です。この技術により、抽出されたルテインは、体内に存在するルテインと同一のものです。

つまり、体内で使われるのに適した形のルテインを摂取することが可能だということになります。尚、フローラグロー製法は特許技術であり、その特許は、アメリカアイオワ州デイモンに拠点を持つケミンフーズ社が所有しています。

より良いルテインを吸収することが出来るとあって、健康志向が強くサプリメントの注目度の高い日本国内でも、ケミンフーズのルテインを使用している企業が増えてきました。2003年の段階で、大手食品メーカー等を含めて33社と取引をしているという実績があります。

その一部は、明治製菓、常盤薬品工業、キユーピー、ファンケル、日本アムウェイなどです。どれも、市場のシェアを多く獲得している企業ばかりです。
ケミンフーズのフローラグロー製法によるルテインは、それだけ、健康食品関連の市場での認知度が高いのです。