目の健康に有効な成分

目の健康に有効な成分と主な働きを解説

ここでは、ルテインやゼアキサンチン以外に目の健康に有効とされる成分とその主な働きについて、簡単にまとめておきたいと思いますので、それ以外の成分も摂り入れようと思っている場合の参考にしてください。

アントシアニン
ブルーベリーやビルベリーに多く含まれる、紫色(青紫・黒色)の色素成分でありポリフェノールの一種です。
アントシアニンは、抗酸化力に優れていて細胞が活性酸素や体内で発生した老廃物から攻撃されるのを防ぐ上でも重要な働きがあります。

その他にも、血液をサラサラにして冷えを改善する作用もあるのですが、目というのは、血液の必要量が多い組織でもあるので、そういった意味での視機能改善になんらかの影響を与えている事も考えられます。

ビタミンA
視力の維持に欠かせないビタミンの一つとしても馴染みがありますが、不足すると、夜盲症、乾燥肌、口内炎が起こりやすくなるといった症状に繋がります。ビタミンAは、動物性のレバーなどに多く含まれる成分ですが、過剰に摂り過ぎるのも良くありません。

場合によっては、めまいを引き起こしたり肝臓が腫れあがってしまう恐れもありますので、程ほどに抑える必要があります。一方、体内でビタミンAとして働くβカロテンであれば、過剰症を気にする事なく摂取する事が可能です。

ビタミンB群
ビタミンB群の主な働きは、代謝の促進によるスタミナの改善です。
この働きにより、目の疲れを取りやすくする方法としても有効とされています。眼精疲労気味という場合には、ビタミンBを多く含む食材でスタミナアップする事で改善できる可能性もあります。

ビタミンC
ビタミンCは、美白に効果的な成分としての知名度が高いですが、それ以外にも汚染された空気や煙草の煙の有害性を抑えてくれる働きがあり、これにより、白内障や黄斑変性症のリスクを下げるとも言われています。

また、コラーゲンが合成されるのをサポートする働きもあり、毛細血管を丈夫にする事により体の隅々まで血液が行き渡りやすくなる働きもあるようです。

ビタミンE
抗酸化力が非常に優れている成分で、どちらかというとアンチエイジングに関連している成分として馴染みがあると思います。

ビタミンEには、細胞を活性酸素や老廃物による攻撃から保護してくれる働きがあります。また、動脈硬化の予防にも有効で心臓病や脳卒中を防ぐ働きもあるといわれているように、血液を沢山必要とする目にも良い働きがあると考えられます。

DHA・EPA
DHA(ドコサヘキサエン酸)とEPA(エイコサペンタエン酸)は、どちらも、魚油に多く含まれる多価不飽和脂肪酸の一つで、血液をサラサラにする働き、抗ストレス作用、抗炎症作用などに優れている成分です。

この二つのうち、DHAは特に脳の働きを改善するのにも有効とされていますが、中枢神経や網膜、心臓等にも多く含まれているという事から、神経の働きを改善する為にも欠かせない成分であるという事が伺えます。

ヒアルロン酸
皮膚の潤いへの関係が深いことからも美容成分として人気のヒアルロン酸は、目の硝子体の成分としても重要です。視界が透明度を保つ為にも必要な成分です。年齢とともに減少すると、生理的飛蚊症を発症しやすくもなります。

ヒアルロン酸は、天然由来の成分であればニワトリのトサカから抽出したものが用いられ、構造を保ったまま抽出されたECM-Eというものが注目を集めています。