カロテノイドとは

カロテノイドは健康食品の多くに含まれる

カロテノイドというのは、にんじん・ホウレン草・ブロッコリー等の緑黄色野菜等に多く含まれている色素成分で、赤色、橙色、黄色などがあります。

目や皮膚の健康との関係が深いだけではなく、がんの抑制にも効果的な成分として注目されいます。この体の保護作用に優れているのは、カロテノイドの代表的な働きである抗酸化作用によるものです。

これにより、体内で発生する活性酸素や老廃物による細胞への攻撃を防ぐことにより、細胞の寿命を延ばすことに繋がります。目の網膜では、視細胞を保護することで視機能の低下を防ぐことに役立っています。

カロテノイドには大きく分けて2種類があり、βカロテンに代表されるようなカロテン類と、ルテインなどのキサントフィル類があります。
大きな違いは、カロテン類が炭素と水素でできているのに対し、キサントフィル類は、酸素も含まれているという所です。

カロテン類の主な色素成分は、βカロテン、リコピン、αカロテン等がありますが、どれも健康との関連が深いというイメージがすぐに思い浮かべられるものばかりです。

一方のキサントフィル類は、ルテインをはじめとして、カプサイシン、アスタキサンチン等、こちらは、黄色や赤色の印象が強いだけではなく、カニやエビをはじめとする海産物にも多く含まれているものです。

他にもひじきやワカメ、昆布に多いフコキサンチンという成分もキサントフィル類の仲間になります。このように健康との関連の深い食材の多くには、カロテノイドが含まれているということがわかると思います。