飛蚊症は小刻みなジャンプで治せる?

内蔵に運動で刺激を与える事が良いのだとか

飛蚊症の原因や改善方法について調べていたところ、内臓の酸素不足が関係してあるという情報がありました。内蔵の中でも、特に肝臓の働きが衰える事で血管が集中している目にも影響が出やすいというものです。

内臓の酸欠を改善する方法として、小刻みにジャンプするのが良いという事だったのですが、1日500回を目指すのが良いそうです。この小刻みなジャンプで内臓を外側から刺激する事が血液循環を良くし、酸素不足の改善に良いということでした。

実際の効果は定かではありませんが、小刻みなジャンプなら部屋の中でも出来るので、日頃の運動不足の解消を兼ねて行えるので、やってみるのも良いかもしれません。

ウォーキングやジョギングなどの運動はする事が有っても、ジャンプのような運動を繰り返すというのは、意外とやっていないのではないでしょうか。

なので、実際にやってみると最初は体がすごく重く感じると思います。また、最初から500回のように数を増やしてしまうと、足腰に大きな負担をかけてしまい飛蚊症どころではなくなってしまうことも有るので注意した方が良いと思います。

最初は少ない回数をこなし、体が慣れてきたら少しずつ数を増やしていく。

この小刻みにジャンプするという方法は、意外と良い運動になるだけでなく、お腹周りをキュッキュと締めるので、実践後は、少しウエストが細くなったように感じるので、シェイプアップという意味でもやってみて良いかもしれません。

ルテインは飛蚊症改善に有効?

飛蚊症を簡単に説明すると、目の前を行ったり来たいする黒い点や線のようなものが見える症状の事で、目(視点)の動きに伴い黒い物体が動いて、視点に付いてくるという視力に関わる症状です。

飛蚊症という名前から、目の前を蚊が飛んでいるようなイメージがありますが、線のようなもの、丸い形状などあり、黒いホコリのように見える事もあります。

飛蚊症の原因は、硝子体という目の中を覆う透明のゼリー状の組織の中に、黒い点や線のような不純物が含まれているからで、それが、目の中に入ってきた光によって網膜に陰を作り、網膜に黒い点や線として見えるわけです。

また、不純物の正体は、硝子体を構成するコラーゲン組織が酸化して透明度を失ったものと言われています。

こんな飛蚊症ですが、視界を常に行ったり来たりする黒い点というのは、ストレスの原因ともなりかねませんし、将来的な目の症状の不安にもつながるものなので、できるなら改善したいところですよね。

では、目の健康を守る上で欠かせないと言われるルテインですが、飛蚊症の改善には、有効ではないのでしょうか?

これは、半々に分かれます。

実際に効果を実感している人も居れば、全く効果を感じていないという場合もあるので、効果的とは言えません。

飛蚊症を改善する目的でルテインを試してみるのは、結果的に目の健康を守る事になるので悪いことではありませんが、飛蚊症を治す事だけの為にルテインを試してみても、言うほど変化を感じなかったという結果になる可能性も高いと思います。

飛蚊症が改善するには、硝子体の中を漂う不純物が代謝によって、吸収、排出されなくてはなりませんので、硝子体の中でそのような代謝がどの程度起こっているかによって左右するように思えます。

白内障も同じように、水晶体の組織が老化によって酸化し、白く濁るものですが、同じように考えると、栄養補給だけで元の透明な状態に戻るというのは、考えにくいのでは内でしょうか。

予防という意味では、有効性も期待できるので、現状維持を長びかせる為にという感覚で続けるのが良いのかもしれませんね。

MENU