ルテインはどのような効能に期待できる?

ルテインが豊富な食品類

ルテインは、野菜や果物に含まれている色素であるカロテノイドの一種で、ほうれん草などの野菜や果物に含まれます。野菜の中では、ほうれん草の他にケールやブロッコリーなどに多く含まれています。果物の場合、グレープフルーツや梨などに含まれています。

そして、ルテインは網膜の中の黄斑部に存在する物質で、目の健康に効果があるとされています。

そのため、目に良いとされるサプリメントによく配合されています。

疲れ目にも効果を期待されているルテインですが、目の疲れに即効性はあるのでしょうか。

ルテインの効能

ルテインは、高い抗酸化作用を持っています。その抗酸化作用によって、目が老化するのを防いだり、ブルーライトや紫外線などの有害な光から目を守ってくれます。

疲れ目になってしまう原因として次のようなものがあります。近視や乱視などの矯正不良によって物が見えにくくなって、それを無理に見ようとするために目が疲れる、パソコンやスマートフォンの使用などによって目を酷使する、目の病気の3つです。

矯正不良に関しては、眼科などで度の合った眼鏡やコンタクトレンズを作る必要があります。

目の酷使に関しては、ルテインの抗酸化力が有害な光から目を守る事である程度防ぐことができます。また、高い抗酸化力によって活性酵素による瞳のダメージを軽減する効果も期待できますので、ルテインは効果的といえるでしょう。

そして、ルテインは眼病予防にも効果を発揮してくれます。

このように、目にとって良い効果をもたらしてくれる成分があるので、疲れ目に悩んでいる人は積極的にルテインを摂取すると良いでしょう。

視力回復に効果のあるルテインとは

ルテインは摂取することで視力回復に効果があることで知られている栄養素です。

ほうれん草やとうもろこし、カボチャ、卵黄などに含まれる黄色い色素のひとつで、摂取するとそのほとんどが目の網膜と水晶体に蓄積される成分です。

網膜は目の一番奥にあり、網膜には色や光を感知する視細胞が存在しています。瞳孔を経由して眼球の中に入ってきた光は、網膜の上にピントを結び、映像となります。

目の中にあるルテインは、ゼアキサンチンという成分とともに、紫外線の有害な部分である短波長という光線を吸収して、網膜の組織を保護する働きがあります。

MENU