ルテインで飛蚊症を改善する事は可能?

飛蚊症がルテインで良くなれば助かる

ルテインは様々な目の病気にも効果がある成分です。では、飛蚊症に効果があるのでしょうか。

飛蚊症に悩んでいる人も多くなってきていますので、気になる方もいらっしゃると思います。

飛蚊症とは

飛蚊症とは、読んで字のごとく目の前を蚊のようなものが飛び回っているように感じる状態の事です。糸くず状のものが見えたり、虫状のものが見えたり、ゴマ状、カエルのたまご状、タバコの煙状に見えたりします。この飛蚊症は、硝子体という水晶体の後ろにある透明なゼリー状の目の組織が濁ることによって発生します。

硝子体には目の形を整える働きがあるのですが、これが濁ると目の前に蚊が飛んでいるように見えるのです。飛蚊症は老化によって、硝子体に老廃物が溜まることや、糖尿病や動脈硬化などによって目の中に出血することを原因として起こります。

飛蚊症は網膜剥離の前兆である場合もあり、発見が遅れると硝子体の濁りが濃くなって失明してしまうといったケースもあります。

ルテインは飛蚊症に効くのか

飛蚊症の原因のひとつとして、紫外線があります。

紫外線が目に入ると、活性酸素を生産し、それが目にダメージを与えて目の中の繊維などを破壊し、その残骸が硝子体の中に入っている網膜に映ることで蚊が飛んでいるように見えます。

ルテインは目の黄斑部という部分に多く存在していて、様々な研究から黄斑変性症や白内障、緑内障の予防に効果があると言われています。

ルテインには強い抗酸化作用があるので、活性酸素を除去することができます。

その働きによって目をダメージから守り、飛蚊症を予防・改善する効果も期待できるのです。

飛蚊症にも種類がある

飛蚊症には加齢が原因のものと、病気が原因のものがあります。

加齢によって起こる飛蚊症は生理的飛蚊症と言われていて、目の中の活性酸素を除去することで予防・改善することができます。そのため、ルテインが効果を示すのです。

しかし、網膜剥離や硝子体出血、ぶどう膜炎などの前兆として起こる飛蚊症には注意が必要です。

こういった飛蚊症の場合は、目の酸化を抑えたぐらいでは治りません。

ですから、飛蚊症になったら早めに眼科に行くことをオススメします。

生理的な飛蚊症の場合には、治療法が確立されていないので、その際にはルテインを摂取し身体の内側から対策をしてみてはいかがでしょうか。

MENU