眼科医が推奨するルテインサプリが存在する?

ハーブを原料としたサプリメント

眼科で推奨されているルテインサプリとして、アイシャープーLがあります。

アイシャープーLは、ヨーロッパで愛用されている北欧生まれのゴマノハグサ科のハーブを豊富に含んだサプリメントです。

ルテイン、マリーゴールド、アイブライト、ビルベリーなどの欧米で人気のハーブや各種健康成分を豊富に含んだルテイン食品となっています。

アイシャープーLとは?

ルテインとは、野菜や果物に含まれる色素成分「カロテノイド」の一種で、マリーゴールドなどの花や、ケールやほうれん草などの緑黄色野菜に多く含まれています。

植物はルテインを作って有害太陽光線から葉緑素を守っています。40代半ば頃からルテインは減少傾向にありますので、野菜が作るルテインをサプリメントとして飲むことをオススメします。

アイシャープ-Lは、注目成分ルテインを含有していて、北欧産野生種ブルーベリーエキス、緑黄色野菜の10倍のルテイン「マリーゴールド」が含まれています。

長時間、車の運転をする方や、パソコンをよく使われる方、細かな手作業をすることの多い方、携帯電話やテレビゲームをよくする方に有効な成分がたっぷりと含まれています。

ルテイン

ルテイン・ゼアキサンチンはカロテノイド類の一種で、ケール、ほうれん草など野菜、果物に含まれています。

カロテノイド類は分子構造から色があり、重要な生理作用を発揮しています。ルテインとゼアキサンチンはいずれも黄色で、分子構造が似ていて分離が困難なために医学研究などは混合物で行われています。

アメリカでは眼科医の80%以上がルテインを推奨しています。

目の病気のうち、白内障、緑内障ほど知られていない病名ですが、加齢黄斑変性症がアメリカでは失明の大原因とされ、日本でも患者が増加していると言われています。

この病気の発症原因は詳しく解明されておらず、決定的治療法も解明されていない難病です。

しかしここ10年間アメリカの大学と医療研究機関を中心に広い調査、研究が進められ、野菜、果物に含まれている天然栄養成分ルテインを補助することで、黄斑変性症、白内障などで低下した視力を回復することが報告されています。

MENU