ルテインを飲んでも効果が無い?

人体では作り出す事の出来ない成分

ルテインは目を保護しながら健康を保ってくれる成分です。ルテインという成分は聞き慣れない人もいるかも知れません。これらは何かというと植物に含まれている天然成分です。

どういう役割をするかというと、ブルーライトや紫外線などの刺激の強い光から、植物の組織を守るという働きがあります。そして、人間にも必要な成分なのですが、残念ながら人体では作ることができないそうです。

なので、外から取り入れる必要があるんですね。

ルテインは効果なしとは本当か?

ルテインは効果が無いのかというとそうではありません。

人間の体内でルテインが不足すると、植物と同じくブルーライトや紫外線などの強い光から身体を保護する機能が低下してしまいます。それが特に目の症状として現れるのです。それを改善するためにもルテインを摂取することは大切なことであるといえます。

ルテインは、目のかすみやぼやけ、チカチカするなどの症状がある人は摂取したほうがよい天然成分です。

目の不快な症状の原因が、ルテインの不足による場合が多いため、それを補うことで効果が得られるからです。

特に、朝はなんだか調子が悪いとか、夕方になると新聞が読みづらい、車の運転がしづらいなど、時間帯によって症状が出る場合はルテイン不足の可能性が高いです。また、肩や首がなんだか重いという症状も見られます。

ルテインを継続して摂取することで、これらの症状が少しずつ和らいでいくことが期待できます。即効性があるものではなく、症状もなんとなく不快といったものに作用するため、劇的に変化が見られるわけではありません。

効果の感じ方も、なんとなくスッキリしてきたというものが多いようです。

ルテインの効果がないと感じる原因

ルテインはブルーベリーより目にいい効果があるということで飲んでみたけれど、特に変化がないと感じる人もいるようです。視力がよくなるかもということを期待していたためと思われます。そのため、本当に効果があるのかということに懐疑的な人もいるようです。

また、即効性を期待して、摂取し始めてすぐ効果が出るのかと思ったらそうでもなかったという感想を持つ人もいるようです。なかなか良くならないし、飲んでから1週間も経つのにまだぼやける感じがするし、肩も凝るし、本当に効いているのだろうかと感じる人もいるようです。

ルテインの効果を誤解している人や、即効性を期待しすぎる人がルテインは効果なしと判断しているように思います。

MENU