ルテインサプリメントの選び方

目の健康にルテインが重要な理由

視機能や眼病予防には、以下のような成分が有効とされています。

  • ルテイン… 水晶体を紫外線から守り、網膜(黄斑)を活性酸素から守る
  • アントシアニン… 抗酸化作用に優れ視力回復、疲れ改善に有効
  • ビタミンA(βカロテン)… 網膜の機能維持に有効、夜盲症予防
  • ビタミンE… 抗酸化作用に優れ、動脈硬化の防止にも有効
  • ビタミンC… 汚染された空気の害を押さえる働きがあり白内障にも有効
  • DHA・EPA… 血液をサラサラにする働き、視神経の機能改善に有効

ルテインやアントシアニン、ビタミン類などが目の健康を守る上で関わりがあり、DHAやEPAなどは神経の働きや血流改善に良いと言わていれます。

この中で、加齢黄斑変性症の予防にはルテインが最適です。
網膜を守る抗酸化成分としてだけではなく、水晶体を守る事で白内障の予防など、活性酸素が関係する眼病の予防に欠かせない成分となっています。

このルテインを効率的に摂取するならサプリメントが妥当です。
その場合、特許製法で抽出したルテインを原料としているものが高品質の証明となっています。

サプリメントは特許製法のルテインを選ぶ

ルテインの成分品質には確立したものがあり、中でも特許製法が品質面、効率的に摂取出来るという意味でも最適となっています。

天然のマリーゴールドから特許製法(フローラグロー)によって抽出精製する事により、体内で使われる状態になっているルテインが摂取できます。

また、原材料も厳選され、農園指定の食用レベルのオーガニックマリーゴールドが使われている点も注目です。

この条件を満たし配合量も豊富なサプリメントの一つがドクターズチョイスのルテイン40mgです。

内容量 60粒
目安量 1日2粒
成分量
(2粒あたり)
ルテイン:40mg
ゼアキサンチン:2mg
ビルベリーエキス:50mg

>>ドクターズチョイス・ルテイン40mg正規取扱店はこちら

ルテインの主な働き

ルテインは、網膜の保護に有効な色素成分として重要な存在です。
網膜とは、目の奥(眼底)にある組織で、目の中に入ってきた光を脳へと送る電気信号に変える為の変換機としての役割があります。

しかし、光の中には、強く有害性の高いものもあります。

つまり、私たちがものを見るという事は、大なり小なり常に光のダメージにさらされているという事でもあり、網膜は、その間、光を電気信号に替える働きを黙々と繰り返しているのです。

それだけ、負担もかかります。

こうした可視光線により網膜がダメージを負ってしまわないよう、網膜を保護する成分としてルテインが常駐しています。

また、ものを見る時は、視界の中心部分に最も光が集中している為、その役割を担う網膜の重要組織が存在し、それを黄斑と呼びます。

視力の中心であるという事は、それに伴い視細胞も密集している重要な組織です。

もしも、この黄斑にダメージが蓄積してしまうと…。

そうならない為に、黄斑の更に中央部分(中心窩)には、ルテインの一部が体内で代謝して作られより強力な抗酸化力を兼ね備えるゼアキサンチンという成分により保護されています。

  • ルテイン:網膜全体に分布し保護する
  • ゼアキサンチン:黄斑(中心窩)に集中している

ゼアキサンチンを生成する材料としてもルテインは必要不可欠です。
これらの成分があるお陰で網膜の健康が守られるとなると、サプリメントを選ぶ場合も両方含まれている方が良いと言えます。

年々深刻化する目の症状

  • 「最近、目が疲れやすい」
  • 「充血がひどくて痛みを感じる程」
  • 「視力が落ちている気がする」
  • 「ものが時々歪んで見える」
  • 「目の乾きが酷い」

現代人の多くは、様々な目の症状に悩まされています。

それだけ目を酷使する生活が続いていることも関係していますが、喫煙や食生活の欧米化、野菜不足や含まれる栄養成分の減少、運動不足等、原因はあらゆる所に存在します。

情報化社会の発展により、会社や学校、外出先や家でも常にデジタル機器の発する光にさらされた生活で、私たちの眼は、常にオーバーワーク状態。

青白光の強いLED照明が増え、パソコンやスマホ、タブレットやテレビのモニターから発するブルーライトなど、目(網膜)の刺激となるものが増えています。

また、喫煙やストレスで活性酸素が増えると、紫外線やブルーライトのダメージは、なんとか食い止められていたルテインも限界。

特に、加齢が進むと、ダメージを受けやすく、回復は遅れる。

短期間では、何の変化も感じない微細なダメージでも、長期的に続くと視機能の回復が遅れ、更に、慢性化する事でダメージを受けやすくなるので、それを防ぐ為にもルテインの供給量を増やさなくてはなりません。

加齢黄斑変性症の予防の為にも

日本人に増えている眼病で失明原因4位となっている症状に、加齢黄班変性症というものがあります。

この眼病は、発症すると治療が成功しても視界の一部が欠けてしまうリスクも伴うもので、失った視界は、手術で元に戻す事はできません。
網膜組織は、細胞が壊死した後に再生する能力は持たないからです。

加齢黄斑変性症は、可視光線の害により生じる活性酸素が影響していると言われていますが、活性酸素は、呼吸を繰り返すだけでも発生します。酸素を用いてエネルギーを生み出すと必ず発生するものです。

また、原因の一つに喫煙習慣も関係しているという事から、活性酸素が優位になり抗酸化成分が無い状態が長く続くと発症しやすいといのも理解できます。

網膜に限らず、あらゆる細胞は、絶えず発生する活性酸素の害にさらされている事を忘れてはなりません。

活性酸素から網膜を守る事が出来るのは、ルテインとゼアキサンチンのみ。
加齢黄斑変性症や白内障など眼病は、若年化の傾向にある為、早めの取り組みが肝心だと言えます。

紫外線がもたらす白内障を予防する為にも

紫外線とは、有害な短波長の不可視光線です。

可視光線とは異なり、網膜まで届く事は無いとも言われていますが(諸説あり)、影響を受けやすいのは、水晶体や角膜などの眼球の外側に位置している組織だそうです。

水晶体は、水分とタンパク質で構成されている透明な組織ですが、紫外線が水晶体に入るとOHラジカルという活性酸素が発生するそうです。

これは、”毒をもって毒を制す”のような相殺手段なので、紫外線との戦いを終えた後、余力のある活性酸素により自分の細胞がダメージを受けてしまいます。

それが、水晶体のタンパク質を変性してしまうのです。
この影響で透明だったタンパク質が大きな分子に変わり透明度を失います。このように白濁化した状態が白内障です。

白内障を防ぐ為にも紫外線をルテインで吸収し、発生した活性酸素をいち早く取り除く事が重要なのです。

また、白内障の術後は人工レンズとなります。
レンズにも紫外線を防ぐものがありますが、それでも、一部の波長が網膜まで届く恐れがあるそうなので注意したいところです。

ルテイン摂取量の目安

実際にルテインを摂取する場合、どの位の量を続けたら良いのか?

  • 予防目的:6mg~12mg程度
  • 眼病対策:20mg程度

予防目的で摂取する場合、1日6mg~12mg程度が目安と言われています。一方で、加齢黄斑変性症の疑いがある場合や眼科に通院中であるという場合なら、一日20mg程度は必要と言われています。

後者の場合は、医師と相談の上で量を調整するようにしなければなりません。

ですが、加黄斑変性症は、再発の危険性や根治の難しさもあり、医師の指示どおりにしても、最後は自己判断で摂取量などを決めた方が良いと思います。

1日6mg~12mg程度で良いのなら、普段の食事から摂取する事も可能です。

ルテインを豊富に含む食材として、ケールなら27gで5.9mgほど、ほうれん草なら60gで6.1mgほどのルテインを摂取する事ができるようです。

これを毎日継続する事を考えても、野菜に含まれる栄養成分が減少している実情や調理による損失を考慮すると、どの程度のルテインを摂取できているのか定かではありません。

その点、サプリメントでの摂取であれば、毎日一定量を簡単に摂取する事ができ、季節や生産地による含有量のバラつきや調理による損失も有りません。

ドクターズチョイスのルテイン40mgなら、1日分40mgを2粒で摂取可能。

何より、数年前からこの配合量で変わらず販売し続けているサプリメントとして見ると、他には、ありませんでした。そうした実績を踏まえても、多くのユーザーが納得し継続しているように思えます。

ルテインサプリメントは”フローラグロー製法”が最適

現在は、サプリメント利用者の増加に伴いルテインサプリメントも様々な配合量や価格のものが販売されていますが、これらの中から、自分に適したものを一つ見つけ出すというのも面倒な作業です。

サプリメントは「試してみなければ、わからない・・・」と効果が曖昧なので、試しては替えてと繰り返しても、本当に効果的なものに出会えるかわかりません。

「安いからコレで良いや・・・」と、安物のサプリメントを試している内に、症状が進行してしまうようなことは避けたいものです・・・。

このような不毛な時間を避ける上でも、品質重視のサプリメント選びの基準を把握しておかなければなりません。その方法として抑えておきたいのは、フローラグロー製法により製造されたルテインサプリメントを選ぶ事です。

フローラグロー製法というのはルテインの抽出製造における特許製法で、これにより体内に存在するルテインと同じ状態のものを摂取する事ができるので、生理活性(体内での働き)が良いという事が知られています。

一方、フローラグロー製法以外のルテインサプリメントは、「体内であまり使用されていないのではないか・・・」とも言われていて、この特許製法を用いたルテインサプリメントを選べば、効果の曖昧なサプリメントを色々試す事も無くなります。

各社のサプリメントを1mgあたりの単価で比較

主要各社のサプリメントを”ルテイン1mgあたりどのくらいの価格なのか?”という部分にフォーカスし比較してみました。

メーカー名 品質 1粒量 内容量 通常価格 1mgあたり
ドクターズチョイス FloraGLO 20mg 60粒 3,980円 3.3円
DHC フリー体 16mg 30粒 1,234円 2.6円
Doctor's Best FloraGLO 20mg 60粒 2,687円 2.2円
さくらの森(めなり) フリー体 12mg 60粒 3,980円 5.5円
わかさ生活 FloraGLO 10mg 31粒 1,880円 6.1円

こうして比較すると、DHCやDoctor’s Bestが割安な印象があります。

ドクターズチョイスのルテイン40mgは、通常購入だと割高と感じるかもしれませんが、4個セットの定期購入だと、1mgあたりの単価が2.5円まで安くなります。
(11,970円 ÷ 4,800mg = 2.49375円/mg)

それでいて、1日分あたりゼアキサンチン2mg、ビルベリーエキス50mgも含まれているので、目に良い主要成分に特化したサプリメントと考えると、バランスは取れているのではないでしょうか。

ルテインの品質と目の健康を考慮するなら…

上記のサプリメント以外にも様々な製品が日本で販売されていますが、販売ページのどこを探しても”フローラグロー製法”という文字が無ければ、ルテインの品質は劣ると考えられます。

純粋に”高品質”という基準で探しているなら、合致しません。

その点、ドクターズチョイスのルテイン40mgは、フローラグロー製法のルテインが1日分40mgと高配合な事に加え、ルテイン同様に網膜の黄斑に欠かせない抗酸化成分ゼアキサンチン2mgも同時に摂取することができます。

尚、最新バージョンは、飲みやすさの改良として、従来のカプセルタイプからソフトジェルカプセルへと変更されています。

ドクターズチョイスのルテイン40mgなら、選ぶ候補となる要素を十分に兼ね備えている製品だと思いますが、それでも、選択肢の一つに過ぎません。

成分の配合量や価格などはもちろん重要な基準ですが、それよりも、「目の健康を考えてしっかり作り込まれている製品なのか」を意識してみると、最適なサプリメントが見つけられるかもしれません。