ルテインの働きとサプリメントの選び方

目の健康に関わりある成分の中でルテインが重要な理由

視機能の保護や改善、眼病の予防に有効と言われる成分にも以下のような色々な種類があります。

  • ルテイン:紫外線などの外部からの刺激から網膜を保護する
  • アントシアニン:抗酸化作用に優れ視力回復、疲れ改善に有効
  • ビタミンA(βカロテン):網膜の機能維持に有効、夜盲症予防
  • ビタミンE:抗酸化作用に優れ、動脈硬化の防止にも有効
  • ビタミンC:汚染された空気の害を押さえる働きがあり白内障にも有効
  • DHA・EPA:血液をサラサラにする働き、視神経の機能改善に有効

ルテインやアントシアニンなどの色素成分の他に、ビタミン類も目の健康にとって欠かせないものが多い印象です。また、DHAなどの不飽和脂肪酸も神経や血流改善に有効と言われています。

ですが、網膜を守る役割を第一に考えると…。

この中で、紫外線や活性酸素から網膜を直接保護してくれるのはルテインだけです。

その為、ルテインは、加齢黄斑変性症の予防や改善に有効と言われていますが、それだけではなく、更に、白内障予防の効果も期待されています。

他にも、パソコンやタブレット端末の発するブルーライトによるダメージから網膜を守る上でも欠かせないものです。

これらの作用が期待できる事から、今後の目の健康を維持、もしくは、改善する為にも積極的に摂取していきたい成分ですが、その方法としてサプリメントが主流。

今では、サプリメントも品質の確立したものがあります。


オーガニックのマリーゴールド(食用)から特許製法(フローラグロー)によって抽出精製する事により、すでに体内で使われる状態へと変化したルテインを効率的に摂取できるサプリメントがあります。

配合されているルテイン量も他社のサプリメントと比べても多く、加齢黄斑変性症の予防に用いられる一日の推奨量を十分にカバーしている程です。

※ゼアキサンチンも同時に摂取出来るサプリメントです。

ルテインの主な働き

ルテインは、網膜の保護と治癒に有効な色素成分として重要です。
まず、網膜は、目の一番奥(眼底)にある組織で、目の中に入ってきた光を脳へと送る電気信号に変える為の変換機としての役割があります。

私たちがものを見るという事は、常に光を見る事なので、網膜はその間、絶えずに光を電気信号に替える働きを黙々と繰り返しているのです。

それだけ、負担もかかります。

特に、目の中に入ってくる強い光は、網膜にとっては有害なものです。
紫外線や可視光線により網膜がダメージを受けない為にも、保護する成分としてルテインが常駐しています。

また、ものを見る上では視界の中心が最も重要な役割を担っているのですが、網膜でその中心部分に該当する組織の事を黄斑と呼びます。

黄斑には、光が他の部位よりも集中する重要な組織。

その為、黄斑部には、ルテインよりも強力なゼアキサンチンという成分が存在するのですが、この成分は、元々はルテインの代謝により出来たものなので、ゼアキサンチンの材料としてもルテインは必要不可欠です。

  • ルテイン:網膜の保護成分
  • ゼアキサンチン:視界の中心部分にあたる黄斑を保護する

これらの成分があるお陰で、網膜組織の健康を保つ事が出来るのです。

年々深刻化する目の症状

  • 「最近、目が疲れやすい」
  • 「充血がひどくて痛みを感じる程」
  • 「視力が落ちている気がする」
  • 「ものが時々歪んで見える」
  • 「目の乾きが酷い」

現代人の多くは、様々な目の症状に悩まされています。

それだけ目を酷使する生活が続いていることも関係していますが、喫煙や食生活の欧米化、野菜不足や含まれる栄養成分の減少、運動不足等、原因はあらゆる所に存在します。

情報化社会の発展により、会社や学校だけでなく、家でも常にデジタル機器の前にいる生活を繰り返す事も関係して、私たちの眼は、常にオーバーワーク状態。

青白光の強いLED照明が増え、パソコンやスマホ、タブレットやテレビのモニターから発するブルーライトなど、目の刺激となるものが増えています。

また、喫煙やストレスなど活性酸素が増えると、老化が早まるのは、見た目だけではなく目の組織にも同じ事が言えます。感覚的には何の変化も無い微細なダメージでも長期的に続くと、視機能の回復が間に合わなくなり慢性化する事でダメージを受けやすくなります。

加齢黄斑変性症の予防の為にも

現代の日本人の間で増えている失明原因の眼病の一つに、加齢黄班変性症というものがあります。

これは、放っておくと治療が成功しても視界の一部が欠けてしまうリスクも伴う眼病ですが、失った視界は、元には戻りません。また、手術により完治するという事も無い事から、発症しないように前もって予防する事が第一優先。

更に、加齢黄斑変性症や白内障をはじめとする眼病は、若年化の傾向にある為、早めの取り組みが肝心です。

こういった失明リスクのある眼病を未然に防ぐ為にも、普段から簡単に取り組めて効果的なのものが、ルテインを摂取することで目の健康を保つという方法です。

ルテイン摂取量の目安

では、実際にルテインを摂取する場合、どの位の量を続けたら良いのでしょうか?

  • 予防目的:6mg~12mg程度
  • 眼病対策:20mg程度

ルテインを予防目的で摂取する場合、1日6mg~12mg程度が目安と言われています。一方で、加齢黄斑変性症の疑いがある場合や眼科に通院中であるという場合なら、一日20mg程度は必要と言われています。

また、後者の場合は、医師と相談の上必要量を調整するようにしなければなりません。

ですが、加黄斑変性症は、再発する危険性や根治の難しさもありますので、医師の指示どおりにしても、最後は自己判断で摂取量などを決めた方が良いと思います。

ルテインの摂取量目安である1日6mg~12mg程度なら、普段の食事から摂取する事も可能です。
ルテインを豊富に含む食材では、ケールなら27g程度、ほうれん草なら60g程度で最低量のルテインを摂取する事ができます。

これを毎日継続する事を考えても、野菜に含まれる栄養成分が減少や調理による損失を考慮すると、どの程度のルテインを摂取できているのか定かではありません。

その点、サプリメントでの摂取であれば、毎日一定量のルテインを簡単に摂取する事ができ、季節や生産地による配合量のバラつきや調理による損失も有りません。

ドクターズチョイスのルテイン40mgなら、1日分40mgを2粒で摂取可能。
1日分でこれだけの配合量となっているサプリメントは、そうそう有りません。

何より、数年前からこの配合量で変わらず販売し続けているサプリメントとして見ると、他には、ありませんでした。そういった実績を含めると、多くのユーザーが納得して続けているという実績があると言えます。

ルテインサプリメントは”フローラグロー製法”を選ぶのが良い

現在は、サプリメント利用者の増加に伴いルテインサプリメントも様々な配合量や価格のものが販売されていますが、これらの中から、自分に適したものを一つ見つけ出すというのも面倒な作業です。

また、サプリメントは「試してみなければ結局は解らない・・・」と効果が曖昧なので、試しては替えてと繰り返しても、本当に効果的なものに出会えるかわかりません。
そんな事をしている間に、場合によっては、症状が進行してしまうことも・・・。

このような不毛な時間を避ける為にも、効果の高いルテインサプリメントの基準を把握しておかなければなりません。その方法として抑えておきたいのは、フローラグロー製法により製造されたルテインサプリメントを選ぶ事です。

フローラグロー製法というのはルテインの抽出製造における特許製法で、これにより体内に存在するルテインと同じ状態のものを摂取する事ができるので、生理活性(体内での働き)が良いという事が知られています。

一方、フローラグロー製法以外のルテインサプリメントは、「体内であまり使用されていないのではないか・・・」とも言われていて、この特許製法を用いたルテインサプリメントを選べば、効果の曖昧なサプリメントを色々試す事も無くなります。

この製法により生産されたサプリメントには、以下のようなものがあります。

ドクターズチョイスルテイン40mg

ドクターズチョイスルテイン40mgの詳細はこちら

天然のマリーゴールドをフローラグロー製法を用いて製品化し、1粒あたり20mgものルテインを配合。
しかも、一日分40mgの摂取を目的としているので、十分な量を摂取する事が可能。

もしも1日分40mgが多いと感じた場合は、一日分の量を半分にすれば、その分、長期使用も可能となります。

他にも、フローラグロー製法によるルテインサプリには、以下のようなものがあります。

■AFC(エーエフシー)Richルテイン

こちらも、フローラグロー製法によりルテインを抽出しているので、ドクターズチョイスのルテイン40mgと原材料は同じです。
しかも、1粒あたり25mgのルテインを配合しています。

ただし、目の良いと言われる様々な成分がごちゃ混ぜにされている印象もあり、純粋にルテインのみを探している方には向いていません。また、”ヘマトコッカス藻色素”という藻の一種を用いた、いわゆるバイオ成分が含まれているのも気になります。

バイオによる配合成分の安全性は年々証明されていますが、抗酸化力が高いからと安い成分を様々配合している事は、サプリメント全体に言える懸念点の一つです。

その点、ドクターズチョイスのルテイン40mgは、ルテインが1日分40mgと高配合な事に加え、ルテイン同様に網膜の黄斑に欠かせない抗酸化成分ゼアキサンチンも2mg含まれています。

材料もマリーゴールドのみと厳選されています。